相談援助の基盤と専門職①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数454
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成専門学校の課題です。レポート評価A。1213字  (参考文献を含む) レポート作成の参考にしてください。

    「ソーシャルワークの源流と近代社会におけるソーシャルワークの発展について、先人たちの歩みの中から現代に通じると思われる課題についてあなたの考えを述べなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークの源流とは宗教である。人類の長い歴史の中で醸成された伝統的な宗教が社会福祉を包括することは自然の摂理であるとも言える。何故ならキリスト教・仏教が共通して説いている理念は「他人を愛せよ」という言葉であり、その言葉こそ社会福祉であると考えられるからである。ここでは宗教を西洋のキリスト教と東洋の仏教に分別して述べる。西洋のキリスト教においてはキリストが、東洋の仏教においてはブッダが慈悲の心を説き、その思想に沿ってソーシャルワークが発展して行った。歴史的に見ても西洋ではキリスト教教会が、東洋では仏教寺院が社会福祉事業や社会福祉施設の役割を担ってきた。そうした背景を持つソーシャルワーク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。