相談援助演習② 社会的排除

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数469
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成専門学校の課題です。レポート評価A。2322字  (参考文献を含む)
    レポート作成の参考にしてください。
    「現代社会で起きている社会的排除や貧困等の具体的事例を社会問題としてとりあげ、ソーシャルワークの課題とその実践についてあなたの考えを述べなさい」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会的排除を社会問題として取り上げその考察を論じる。比較的に人生に対して明るい希望を持ち得ると推察される若年層(20から39歳)においても、居住、教育、保健、社会サービス、就労など多次元の領域から排除され、社会の周縁に位置する人々が存在する。彼らが抱える問題は、高校中退、非正規労働、生活保護受給、住居不安定(ホームレス)、シングル・マザー、薬物・アルコール依存症、結果としての自殺と多岐にわたる。それらはそれぞれ独自の社会問題として捉えられてきたが原因と事例を考察すると社会的排除という共通の社会問題であることが理解できる。彼らは年齢に反比例して将来に展望を持ちにくく、孤立して基礎的な生活基盤の獲得・保持さえも危ぶまれるという点において類似した状態にある。内閣官房のリポートにより分析された事例において、社会的排除に至るプロセスの類型には大別すると3通りがある。
     第一は生まれつき本人の持つ障碍などによる「生きづらさ」故に幼少期から様々な問題を起こし、それを解消できずに成人となった類型。なお、知的・発達障害を抱えていても、これらが決定的な社会的排除の要因となっていない事例もあり、すべての知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。