相談援助演習① 自己覚知

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,149
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成専門学校の課題です。レポート評価A。1178字(参考文献を含む)
    レポート作成の参考にしてください。

    「利用者本位のソーシャルワークにおける自己覚知とは何か。自分自身の体験をふまえて、相談援助におけるソーシャルワーカーの自己覚知の意義と必要性について述べなさい」                                                                                                                                                                                                                                                        

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉に関係する援助では、個々の利用者は誰もが異なったニーズを有しており、それぞれ異なった援助が必要である。それは利用者の生活は多様であることに起因している。社会福祉の現場では利用者が自己決定するように支援していくことが原則であり、場合によっては自己決定と置き換えられるが、すべての人々は自らの生き方を自ら決定・選択することを望んでいるという価値である。価値とは社会福祉における援助技術を支える哲学や思想から形成される。それは他者を援助し得る価値意識であり、援助専門職としての行動を動機づけ、態度や姿勢に反映される価値観である。社会福祉に携わる専門職が自己とは異なった価値観を持った利用者を理解して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。