憲法 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数28
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ※お時間があれば、プロフィール(長文)もどうぞ。
    姫路大学 教職通信課程 合格レポートです。
    設題1:近代立憲主義から現代立憲主義への変容が日本国憲法においてどう現れているか説明し、これからのわが国の憲法はいかにあるべきかを論じてください。
    ※この大学のレポートは、合格か不合格かで評価され、評定は科目試験で行われます。
    ※このレポートを利用されるときは丸写しにするのではなく、参考にしつつ、ご自分の解釈や他の文献も盛り込むとよいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代立憲主義から現代立憲主義への変容が日本国憲法においてどう現れているか説明し、これからのわが国の憲法はいかにあるべきかを論じてください。
     立憲主義の思想は、ヨーロッパ大陸、アメリカ大陸およびアジア諸国に広まり、多くの国の憲法で採用され、各国の歴史的あるいは社会的状況によって、原則や制度は異なるものの、「代表民主制の原則」、「基本的人権の保障」、「権力分立の原則」、「法の支配の原則」、責任内閣制といった「責任政治の原則」は、国家権力を抑制する役割を果たすための原則であり、近代憲法に共通したものである。
    近代市民革命を経た「近代立憲主義」は、「自由国家」の下で進展した。国民の「国家からの自由」に留まらず、「国家への自由」を認め、国民の地位を「臣民」から、「市民」にまで引き上げ、国民主権および憲法制定者としての「国民」の観念へと発展させた。しかし、自由主義・個人主義が基調であるため、また、自由・平等な個人の競争を通じて調和が実現されると考えられたため、国家は経済的・政治的な干渉を行わず、社会の最小限度の秩序の維持と治安の確保が主たる任務である「自由国家」(消極国家・夜警国家)としての役割..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。