【明星大学】理科 PB2020 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数440
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    
理科 のレポートです。



    合格をいただいています。

    1単位目も併せて出品しています。
    
よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:理科 (PB2020)2単位目
    ○  課題:
    1.「間違えるとはどういうことか?」についてテキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。
    2.「科学入門教育とはどういうことか」についてテキストから学んだことを述べよ。
    ○  成績: 合格
    ○  講評:よくまとめられています。自身の意見も述べられています。
    1)「間違えるとはどういうことか?」、テキストから学んだこと及び私見を述べる。
     テキスト2章で「まちがいの哲学」として板倉誤謬論が紹介されている。これは、仮説実験授業の提唱者である板倉聖宣先生が、誤謬について論じている。板倉誤謬論では、間違えることは「自分の頭で考えると間違える」「ばかだから間違えたのではない」「一面性の合理性が誤謬に導く」「アタマがいいから間違える」など間違えること=悪いこと、といった従来の考えを払拭し、「まちがいの哲学」を伝える内容となっている。
    例えば、「豆電球のガラスをわっても、電池をつないだら豆電球はつくのか」の問いに対して、自分が未知の場合にも、自分なりの予想を立てる。その立てた予想が、正解でなくとも自分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。