【明星大学】情報リテラシーb WC1060 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数198
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    
情報リテラシーbのレポートです。



    合格をいただいています。
    
本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。


    (レポート本文6ページ)

    1単位目も併せて出品しています。
    
よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:情報リテラシーb(WC1060)2単位目
     
    ○  課題:
    1、情報モラルについてあなたが感じたことを述べよ。
    2、ネットワーク社会についてあなたが感じたことを述べよ。
    ○  成績:合格
    ○  講評:よくまとめられています。情報モラルを常に意識して「よきネット市民」として、情報化社会の中で上手に情報機器を「便利な道具」として利用することが大事です。
    1)情報モラルについて述べる
     情報モラルとは、私は情報を送信する側・受信する側の双方の教育がより求められると考える。
     近年のスマートフォンの普及により、リアルタイムで様々な情報に以前よりもアクセスしやすくなっている。その一方で、何らかのきっかけで感情に流された利用者が、特定のブログ記事に誹謗・中傷を投稿し、そのブログが閉鎖されてしまう。その一連を「炎上」と表現されているが、そういったことが日常茶飯事に起きている。なぜ、そのようなことが起きてしまうのだろうか。それは情報の送受信の受け皿が十分に育っていないからではないだろうか。日本は北欧やアメリカに比べて、情報教育が遅いといわれている。その結果、便利な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。