【明星大学】初等家庭科教育法 PB3050 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数405
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    
初等家庭科教育法のレポートです。



    合格をいただいています。
    
本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。


    (レポート本文6ページ)

    2単位目も併せて出品しています。
    
よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:初等家庭科教育法(PB3050)1単位目
    ○  課題:
    1、小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え具体的に述べなさい。
    2、小学校家庭科の評価の観点と趣旨について簡単に説明しなさい。また生活技能を評価する際の留意点と評価法について説明しなさい。
    ○  成績:合格
    ○  講評:よくまとめられています。
    1)小学校家庭科におけるグループ学習の意義を説明し、またグループ学習で効果的だと考えられる指導例を具体的に述べる。
     グループ学習の意義とは、児童同士で意見を交換し合い、協力して作業を行うことで、互いに学び合う意義をもつ。1クラスを6人前後のグループに分けて指導・学習する形態をさす。グループ編成の際には、能力が同じくらいの者、あるいは能力にばらつきのある編成、出席番号順による編成などの工夫が必要である。学習指導の目的や学習内容棟を考慮したうえで検討する必要があるといえる。グループ学習においては、学習活動がグループごとに異なる場合がある。その場合には、グループごとの活動内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。