【明星大学】初等図画工作科教育法 PB3040 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数581
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    初等図画工作科教育法のレポートです。

    

合格をいただいています。
    
本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。

(レポート本文6ページ)

    1単位目も併せて出品しています。
よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:初等図画工作科教育法(PB3040)2単位目
    ○  課題:1、テキスト内の「図画工作科教育の内容と構成」(第2章 第2節)について【共通事項】を中心に1000字程度に大意要約せよ。
    2、テキスト内の「図画工作科の評価」(第4章)を読み、「5評価規準の作成」内の「(1)評価の観点とその趣旨」1⃣〜5⃣までを800字程度に大意要約し、200字程度で教育評価の必要性について私見を述べよ。
    ○  成績:合格
    ○  講評:どの子にも、美に対する憧れや、造形表現をしていく欲求があります。それらが、やがては創造することに役立つのです。よくまとめられています。
    「図画工作科の内容と構成」(2章第2節)の共通事項を中心にまとめる
     共通事項とは、学習指導要領に表現活動と鑑賞活動、絵・立体・工作に表す活動と造形遊びとの間に、共通に働く子どもの資質や能力などの、指導を通して育てる造形的な創造活動の基礎的能力を明確に示したものである。評価の観点としては、造形への関心や意欲、態度、発想や構想、創造的な技能、鑑賞などにも「共通して働く」資質や能力である。この共通事項は、小学校..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。