【明星大学】【幼】保育内容B・人間関係 PB3130 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数802
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    保育内容B・人間関係のレポートです。
    幼稚園免許取得のために、履修しました。

    合格をいただいています。
    本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。
    (レポート本文6ページ)

    他にも幼稚園免許取得のため、履修した科目のレポートも出品しています。
    よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:保育内容B 人間関係(PB3130)2単位
     
    ○  課題:
    1)「人とのかかわり」の発達過程と保育者の役割について考察せよ
    2)協同の姿勢を育てる保育に関して、具体的活動と指導上の留意事項について述べよ
    ○  成績:合格
    ○  講評:愛着は保育の基盤となる重要なものです。愛着について理解をさらに深めてください。協同について、具体的活動も検討してみると良いでしょう。
     乳幼児の「人とのかかわり」の発達過程は、0歳児から感覚器官(視覚、聴覚、言語)を総動員して外界の刺激を取り込み、「人の世界」「物の世界」に動作(模倣やまだやき)や発語を通じて、働きかけようとする。
     大人とのかかわりの中では、乳児期には内的な情動の表出である「生理的微笑」が見られ、大人が赤ちゃんの気持ちに成り代わって応対的に対応することで、相互の主観を交換する間主観的、相互主体的な向き合ってのやりとりが可能となる。3ヶ月後には、大人のあやしかけに微笑み、反応を示す中で、乳児と養育者との共感的な感情のつながりを経験し、養育者との関係を肯定的で良好なものにしていく。また、「泣く」行為は大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。