【明星大学】教育の制度と経営 PA1030 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数169
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    教育の制度と経営のレポートです。

    合格をいただいています。
    本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。
    (レポート本文7ページ:課題、改行を削除すれば6ページになります)

    1単位目も併せて出品しています。
    よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:教育の制度と経営(PA1030)2単位目
    ○  課題:1)学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2)家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。
    ○  成績:合格
    ○  講評:よくまとまっています。各学校が教育目標や教育計画を「学校づくり」の観点から構想し、その達成状況を自己評価し、保護者や住民にアカウンタビリティに基づき説明することが求められいます。
    1学校経営か学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べる。
     近年の学校現場では、学級崩壊や不登校、校内暴力などが起き、より教師の指導力の向上が期待されている。もともと日本の学級経営は、共同性の特性を基盤とし学習集団としての役割も担う為、学習のみに重きを置くアメリカやイギリスとは異なった学級経営を行う。日本では学級集団は生徒にとって一つの社会となる。集団の取り組み・学習は、教師による一斉指導を行い、生徒同士の学び合いや集団での理解に重きを置く。担任教師の役割は、集団の目的と目標の設定であり、担任教師..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。