【明星大学】【幼】幼児理解の理論と方法 PB3110 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数386
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    幼児理解の理論と方法のレポートです。
    幼稚園免許取得のために、履修しました。

    合格をいただいています。
    本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。
    (レポート本文6ページ)

    2単位目も併せて出品しています。
    よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:幼児理解の理論と方法(PB3110)1単位目
    課題:
    序章〜7章を読み、参考文献をもとに学習を深めてから課題についてレポートしなさい。
    4章〜7章にある登降園場面での援助、遊びの発展、協同する経験、幼児同士のトラブルといった各実践例より、2つ事例を取り上げて、ブラッシュアップの過程に基づき、子どもに対する保護者の理解の中身がどのように読み解き、考察しなさい。
    成績:合格
    講評:最後の全体考察がとても良いですね。レポートの始まりの部分、問題提起を工夫するとより最後が引き立つでしょう。
    1)4章〜7章まで事例を2つあげ、子どもに対する保育者の理解の中身を読み解き、考察する。
     まず、4章の登園場面の事例をあげる。登園しても、母親から離れられないT男は、まだ気の合う友達を見つけられず、好きな遊びも自分からは見つけられないために不安が強い。また母親から離れる時には泣いても、時間が経つとままごとコーナーの白いゾウのぬいぐるみを持って遊ぶ姿が見られる、と保育者は幼児理解を行う。  
     保育計画としては、登園時に保育者がお気に入りの白いゾウのぬいぐるみを持って受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。