【明星大学】法学2(日本国憲法) WE1020 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数241
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    法学2(日本国憲法)のレポートです。

    合格をいただいています。
    本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。
    (レポート本文6ページ)

    1単位目も併せて出品しています。
    よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:法学2(日本国憲法)(WE1020)2単位目
     
    ○  課題:
    1)議員内閣制の特色
    2)地方自治の意義
    ○  成績:合格
    ○  講評:よくまとまっていて、検討されている。
    1)議院内内閣制の特徴を理解した上で、大統領制と比較し、議院内閣制の長・短所を考えてみる。
     日本で採用されている議院内閣制は、内閣の存在を議会の信任に依存させる制度であるといえる。民主的構成であり権力分立制であるが、特徴として、1:内閣は議会の意思によって形成される。2:閣僚は議会に議席を有する。3:議会は内閣に対して不信任決議権を有する。4:内閣は議会に対して解散権を有する。つまりは、国会(衆議院)は内閣の不信任決議を行うことができ、内閣は衆議院を解散することができる。
     それに比べ、アメリカで採用されている行政府の民主的構成の制度に、大統領制があげられる。この特徴としては、1:大統領は国民の公選によって選ばれ、行政府を立法府から独立させる。つまり大統領は、議会ではなく国民に対して責任を負わなければならない。2:大統領と議会の間には信任・不信任の関係は成立せず、大統領は任期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。