【明星大学】【幼】保育内容総論 PB3120 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数399
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    保育内容総論のレポートです。
    幼稚園免許取得のために、履修しました。

    合格をいただいています。
    本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。
    (レポート本文6ページ)

    2単位目も併せて出品しています。
    よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:保育内容総論(PB3120)1単位目
     
    ○  課題:
    1)「保育内容」の「基本」について述べなさい。
    2)保育所保育の理念と目標を述べなさい。
    3)幼稚園教育における保育内容の構造について述べなさい。
    ○  成績:合格
    ○  講評:小学校教育との継続について述べられているところがよいと思いました。
    1.「保育内容」の「基本」についてまとめる。まずは、保育の営みには「子どもの最善の利益」が求められるものではならない。また、幼稚園や保育園で過ごす乳幼児期の子どもにとって、その時期は「生涯にわたる人間形成の基礎を培う」時期といえる。保育の場では、保育者と子どもは直接的なふれ合いを繰り返し、その中で子どもは人への信頼関係や社会性を学び、人間性を育んでいく。さらに、一人一人の子どもに適した保育を集団活動の中で、育てなければならない。男児、女児の性差や家族環境まで配慮し対応していく。最後に、子どもの「心身の発達を助長する」(学校教育法第22条)ために環境が「適当」につくる。それは、子どもがかかわりやすい、幼児が主体的な活動の確保ができるような環境を計画的に整..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。