【明星大学】法学2(日本国憲法) WE1020 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数203
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    明星レポート小学校法学

    代表キーワード

    明星大学法学WE1020

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学部 小学校教員養成課程
    法学2(日本国憲法)のレポートです。

    合格をいただいています。
    本文は、レポート様式と同じ字数で設定しています。
    (レポート本文6ページ)

    2単位目も併せて出品しています。
    よろしければ、そちらも併せてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育部 教育学部
    科目名:法学2(日本国憲法)(WE1020)1単位目
     
    ○  課題:
    1)憲法の意義と近代憲法の原則
    2)憲法22条1項の居住・移転の自由と職業選択の自由
    ○  成績:合格
    ○  講評:よくまとまっていて、説明されている。
    1)憲法の意義と近代憲法の原則
     憲法とは、国家統治の基本体制または根本的秩序を定める法規範の全体を指す。根本法・基礎法といわれるのは、この意味における憲法のことである。つまり、憲法の本来的な意味は「国家の統治組織」や「国家構造」などであり、広義では「国家の統治体制に関する基本法」である。
    また、実質的意義の憲法は、国家が存在する際には必ず必要とされるものである。憲法が成文憲法典としての法形式をとる場合を形式的意義における憲法という。この形式的憲法は、成文化されている憲法であることが原則である。
     近代史上、専制政治を否定し、国民の人権を保障する国家機構を定める基本法を特に憲法と呼ぶ。その近代憲法の原則には一般的な共通原則が存在しているという。1:国民の政治参加の原則 民主主義の発達した国家においては、国民は単に統治される対象ではなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。