佛教大学 S0611 数学概論 レポート 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数811
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    S0611 数学概論のレポートです。

    レポート作成にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0611 数学概論
    第1設題
    1.二つの平面が平行な関係にある場合と交線を持つ場合について説明し、続いてアルベルティの作図方法について図を含めて記しなさい。
    2.関数の定義の歴史的変遷について記し、続いて微分と積分の関係について説明しなさい。
    3.集合数と順序数について記し、続いて有理数の稠密性について説明しなさい。
    4.確率の定義について整理して記し、続いて期待値について説明しなさい。
    5.命題と命題でないものの違いを記し、続いて論理の合接、離接の意味と真理表をそれぞれ作成しなさい。
    参考文献
    『数学教育の基礎』 佛教大学通信教育部
    1.二つの平面が平行な関係にある場合と交線を持つ場合について説明し、続いてアルベルティの作図方法について図を含めて記しなさい。
     平面αと平面βにおいて、両方に含まれる点がないとき、平面αと平面βは平行である。
     平面αと平面βの両方が一つの直線を含むとき、平面αと平面βは交わる。このとき二つの平面に含まれる直線を平面αとβの交線とよぶ。
     アルベルティは、絵画論の中で、数学的遠近法を用いた絵画を、作図を用いて容易に描く方法を提案した。この方法の特徴は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。