佛教大学 S0839 病弱虚弱児の指導法 レポート 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数423
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0839 病弱虚弱児の指導法のレポートです。

    レポート作成にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0839 病弱虚弱児の指導法
    第1設題
    一般の教育(健常児)と病弱教育(病弱特別支援学校)とを比較し、ア.配慮や支援のあり方、イ.教科等の学習、等の違いを述べよ(1,600字程度)。また、個別の指導計画の意義、効果、活用等について述べよ(1,600字程度)。
    参考文献
    宮本真也:病弱・虚弱児の医療・療育・教育 金芳堂 2005年
    病弱教育での配慮や支援のあり方と教科等の学習
     病弱・虚弱児教育は、かつて結核やハンセン病などで入院していた病気療養児のための教育として始まった歴史がある。後に、長期間の入院を必要とする小児疾患の種類は時代とともに大きく変わり、現在はきわめて多様化している。病弱・身体虚弱児を教育支援する学校種は「病弱養護学校」と位置づけられている。
     病弱養護学校では、体や心に特別な教育支援を要する子どもたちが、学校で、病院や施設の分校や分教室で、また子どもの病状や障害の状態、治療上の理由によっては病室や家庭で、子どもの病状や障害の状態に応じた(幼稚部)、小学部、中学部、高等部の過程をもつ。またそれぞれの学部ではさらに、病状、障害の状態、精神年齢に応じて、学級、学習集団、授..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。