佛教大学 S0615 家庭科概論 レポート 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数729
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0615 家庭科概論のレポートです。

    レポート作成にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0615 家庭科概論
    第1設題
    近年の児童の生活課題を1つ取り上げて、具体的にどのように改善すればよいかについて、家庭科概論から学んだことを述べなさい。また児童への家庭科の指導においてどのように反映させるかを検討して論述しなさい。
    参考文献
    大塚眞理子・加地芳子:新版 家庭科概論 佛教大学 2013年
     現代の家庭生活のなかで、家族の衣類を繕ったり編んだりして作る、あるいはかばんやカーテンを繕うという作業は、必要な仕事から趣味へと位置づけが変わってきた。1960年代頃までは、衣類を作るという行為は家庭のなかで日常的に家事の一環として行われていたが、高度成長期以降、綿花や羊毛の輸入量増加や合成繊維の増産にともない急速に既製服が普及した。既製服発達の過程で、開発途上国の安い賃金で生産された低価格の衣料品が需要を伸ばす一方で、品質にこだわったものやブランド名を称している高価なものも志向されている。作る手間や労力を賃金に換算して考えると購入するほうがはるかに安価で、あるいは素人ではとても作ることができないような高い技術で制作されている。近年では安価なものであっても、高品質な衣類が供給されるよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。