佛教大学 S0105 教育心理学 レポート 第1設題&第2設題 A判定 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数866
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0105 教育心理学のレポートです。

    レポート作成にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0105 教育心理学
    第1設題
    象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    第2設題
    適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。
    参考文献
    杉田千鶴子:改訂 教育心理学 佛教大学 2012年
    橋本憲尚:心の理解を求めて 佛教大学 2000年
    象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    発達とは、受胎にはじまって、年齢にともなう心身の変化である。発達は連続した過程である。しかし、一様の速度で進むのではなく、ある時期には急激な速さで、ある時期は緩やかに進む過程である。そのありさまは発達曲線に見ることができる。一般的には、発達の速度は早期において大きい。しかし、心身の種々の領域で発達の速度が異なることが認められている。このことは、発達が連続的過程でありながら、各時期において心身の構造が違うことを意味している。
     発達段階は、実際には、いろいろな研究者によって、いろいろな観点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。