佛教大学 S0842 重複障害・軽度発達障害児の指導法 レポート 第1設題&第2設題 A評価 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数971
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0842 重複障害・軽度発達障害児の指導法のレポートです。

    レポート作成に役立てていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0842 重複障害・軽度発達障害児の指導法
    第1設題
    自立活動の区分・項目の中からいくつかを取り上げ、重度・重複障害がある子どもへの具体的な指導について述べなさい。
    第2設題
    自閉症の3つの基本特性について説明し、その特性を踏まえた指導や支援について具体的に述べなさい。
    参考文献
    小野次朗 特別支援教育に生かす病弱児の生理・病理・心理 ミネルヴァ書房 2012年
    小野次朗 よくわかる発達障害 ミネルヴァ書房 2010年
    自立活動の区分・項目の中からいくつかを取り上げ、重度・重複障害がある子どもへの具体的な指導について述べなさい。
     自立活動の内容は、「健康の保持」「心理的な安定」「人間関係の形成」「環境の把握」「身体の動き」「コミュニケーション」の6つの区分、計26の下位項目から成り、対象児童生徒の教育的ニーズに応じて必要な項目を選定し、相互に関連づけを図りながら指導内容を設定する。
     重度・重複障害児の指導内容としては、次のようなものがあげられる。
    ①健康保持・増進、身体機能の保持・向上を図る指導
    ②日常生活の指導、とくに、食事、排泄、更衣、清潔などの指導
    ③遊びや行事、校外学習の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。