佛教大学 S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理 試験対策 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数973
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理の科目最終試験の解答案です。

    試験勉強にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理
    ・慢性疾患の診断告知が家族に与えるストレスとそのケアについて述べなさい。
    23、18、14
    ・てんかんの定義・原因・症状について説明し、てんかん発作時の対応についてまとめなさい。
    24、17、13
    ・急性白血病の頻度・主な症状・予後について説明し、その上で心理的・教育的援助のあり方について述べなさい。
    25、19、11、04、01
    ・気管支喘息の病理と治療について説明し、その上で療育と教育において、留意すべき点をあげなさい。
    26、16、07
    ・糖尿病の病理と治療について説明し、その上で心理的・教育的援助のあり方について述べなさい。
    27、15、06、02
    ・長期入院児に対する心理的・教育的援助のあり方について述べなさい。
    28、20、12
    小野次郎・西牧謙吾・榊原洋一:特別支援教育に生かす病弱児の生理・病理・心理 ミネルヴァ書房 2012年
    ・慢性疾患の診断告知が家族に与えるストレスとそのケアについて述べなさい。
     両親・家族へのサポートは、時として非常に困難である。保護者は自分の子どもが病気になると、自分を責めてしまう場合があるのだ。もちろ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。