佛教大学 S0106 教育社会学 レポート 第1設題&第2設題 A評価 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,432
ダウンロード数76
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0106 教育社会学のレポートです。

    第1設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。 
    第2設題
    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。

    レポート作成の参考にしていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0106 教育社会学
    第1設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    第2設題
    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。
    参考文献
    原清治・山内乾史・杉本均:増補版 教育の比較社会学 学文社 2013
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    このレポートは主に、テキスト第2章「学歴社会は崩壊したか」を参考にし、作成した。まず学歴社会とは何かを述べ、その後に高学歴化の進行による教育の変化について述べる。
     これまで日本では、学歴社会はあまりいいイメージをもって語られることはなかった。それは、学歴社会が「受験地獄」や「偏差値輪切り体制」などという言葉とともに用いられ、その人間が内面にもつ「本来の資質」を考慮せずに、うわべの「勉強ができるかどうか」だけでその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られることが多かったからである。
     現在、学歴社会の崩壊が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。