佛教大学 S0832 知的障害児の心理 レポート A評価 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数912
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0832 知的障害児の心理のレポートです。

    レポート設題
    知的障害の定義、分類、原因、かかわり方について述べよ。

    レポート作成にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0832 知的障害児の心理
    第1設題
    知的障害の定義、分類、原因、かかわり方について述べよ。
    参考文献
    太田昌孝:改訂版 発達障害児の心と行動 放送大学教育振興会 2012
    菅原伸康:エピソードでみる障碍の理解と支援 ミネルヴァ書房 2012
    このレポートでは、知的障害の定義、分類、原因、かかわり方について述べる。
    定義
    知的障害という言葉は、日本の法律と関連する用語として、1999年4月より教育、福祉あるいは労働の領域で用いられ始めた。医学的領域では、知的障害と同じ意味で精神遅滞が使われている。
    「知的障害は知的発達の遅滞と適応行動の障害とがあり、それが人生の早期に起こった場合と定義されている。」これは他の定義と共通するところがある。AAMR(アメリカ精神遅滞協会)では「知的障害(精神遅滞)は、知的機能および適応行動(概念的、社会的及び実用的な適応スキルによって表される)の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力の障害である。この能力障害は、18歳までに現れる。」と定義されている。これらの定義で重要な点は、定義の中に知的側面だけではなく、適応行動の側面も含んでいるところである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。