佛教大学 S0534 教育相談の研究 レポート 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数995
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0534教育相談の研究のB判定のレポートです。

    リポート設題
    第1設題
     教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。

    レポート作成にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     カウンセリングという言葉は、二十世紀中頃になり使われるようになったが、もともとの概念は、広い意味では、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をするということであった。それゆえ、古くは西洋において、牧師などが、人々の信仰上の悩みだけでなく、家庭や日常生活での悩みを聞いたり相談したりすることを意味し、それがカウンセリングの原点であった。
     これに対して、近代に入り社会の構造が複雑化するにしたがい、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化し、単なる素質が経験だけでは対応できないようになってきた。そのため、一定の知識や技術が要求されるようになり、今日一般に使われるカウンセリングという概念ができあがり発展してきた。
     学校カウンセリングとは、わりによく使われる言葉であり、一般的に考えれば、「学校で行われるカウンセリング」というように理解できる。これを行うのが教師だとすると、教師は生徒にカウンセリングを行うカウンセラーという立場もとらないといけないし、また教師として授業をし、テストをして成績もつけないといけないという、両方の役割を担うということになるのである。このようなことは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。