佛教大学 S0529 特別活動研究 レポート A判定 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数853
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0529特別活動研究のレポートです。

    リポート設題
    第1設題 
    特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。

    レポート作成にお役立ていただけたらと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動は集団活動を通して活動を展開していくという大きな特質を持っている。他の教科・領域の中でも集団活動が展開されることがあるが望ましい集団活動を活動の展開の前面に打ち出されているのは、特別活動の質の重要な点であるといえる。
    中学校の特別活動は[学級活動]、[児童会活動]、[クラブ活動]、[学校行事]の4領域で編成されている。このレポートでは学校行事について述べる。
    学校行事は、児童、生徒の自主的、実践的な活動である。児童、生徒は将来、社会の一員として、日本の社会で生きていく上において、あるいは国際社会で生きていく上においてさまざまな行事に参加する。学校行事に参加することを通して、集団とは何かを体験することには大きな意味がある。人間は一人で生きているのではないことを体験することが大切である。集団での体験を通して、集団の問題を考え、社会参画をしていく入口に立つことができるのである。その集団はすでに望ましい集団として機能しているとは限らない。教師の意図的、計画的な指導の下に、活動を通して集団の質を変えていくためには、自発的、自治的な活動の流れのなかにおける学級活動の活動内容や、児童会活動、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。