【HC】H27.1-2 相談援助Ⅱ(個人情報)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数458
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。

    科目「相談援助の理論と方法」
    設題「相談援助過程において、個人情報保護について述べよ」
    字数:400字詰原稿用紙3枚
    総合評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     相談援助業務に携わるソーシャルワーカーは、クライエントを支援し、生活の改善を図るため、クライエントの個人情報に深くかかわる立場にある。時にはその人の成育歴や家族関係や収入などといった込み入った内容まで知ることがある。ソーシャルワーカーがその人を支援していくために知らなければならない場合があるからだ。また、会議や連絡・調整の場において、関係する機関や施設などと多くの個人情報を共有する必要がある。そのため、個人情報に関して、極めて慎重な取り扱いが求められる。昨今は、インターネットや携帯電話の急速な発達により、大量の情報を容易かつ迅速に取り扱えるようになっているため、個人情報保護の必要性は高いとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。