相談援助の基盤(行動規範)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数608
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。

    科目「相談援助の基盤と専門職」
    設題「社会福祉士の行動規範を踏まえ、社会福祉士になった際に遵守したい項目を挙げ、理由を述べよ。」
    字数:400字詰原稿用紙3枚(最後の4行空白)
    総合評価:結果待ち

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉士は、高齢者や障がい者、低所得者、日常生活を営むのに支障のある方などからのあらゆる相談に応じ、アドバイスや指導、福祉サービスの提供、関係機関との連絡・調整といったことを行うことが仕事である。社会福祉士の活動範囲は広く、とても重要である。
    私が社会福祉士の行動規範のなかで、社会福祉士になったときに最も遵守したい項目は、「実践現場における倫理責任」の中の「他の専門職等との連携・協働」である。冒頭に述べた社会福祉士の重要な役割のなかの関係機関との連絡・調整に重きを置いて日々の相談に応じていきたい。
    現在、高齢者や障がい者の方を支援する制度や関係機関として、財産管理や生活支援などの活動を行う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。