現代社会と福祉(代表論者1人)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数256
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。
    科目「現代社会と福祉」
    設題「個別援助技術について唱えた論者(バイスティック)について説明しなさい。」
    字数:400字詰原稿用紙3枚(最後の空白なし)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成27年4月から生活困窮者自立支援法が施行され、生活保護に至る前段階の生活困窮者に対して、第二のセーフティネットとして自立を支援することが同法のポイントである。同事業の実施機関の窓口においても、生活困窮者からの相談に対して、早期かつ包括的に対応することが求められる。そして、生活困窮者が抱える課題を適切に評価・分析し、その課題を踏まえた自立支援計画を立てるなどの支援を行うことになる。こういった計画を立てる以前に、相談者からの話を聴くことが大切である。ここでは、個別援助技術について唱えたバイスティックについて説明を行う。
     フェリックス・P・バイスティックは、アメリカのケースワーカーで社会福祉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。