現代社会と福祉(多様化福祉共有サービスの長短)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数356
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。

    科目「現代社会と福祉」
    設題「多様・多元化した福祉サービス供給主体の長所・短所についてまとめなさい。」
    字数:400字詰原稿用紙3枚(最後の3行空白)
    総合評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成12年の介護保険法の施行以降、今日の社会福祉制度のおける福祉サービス提供方法の主流となっているのは、利用契約方式である。これは、利用者とサービス提供者の契約関係を主軸として、地方公共団体が利用者に対し、支援としてサービス経費の補助や情報提供などを行い、サービス提供者に対しては、サービスの質の向上を図るための規制や促進策が講じられることとなった。
     過去において、社会福祉サービス利用者の多くは、措置制度のもと、地方公共団体またはその委託を受けた事業者が提供するサービスを行政処分というかたちとして利用するという仕組みであった。しかし、介護保険法や障害者自立支援法の施行以降、社会福祉法人や公的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。