高齢者と介護保険(介護保険の課題と解決策)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数228
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。

    科目「高齢者に対する支援と介護保険制度」
    設題「現状の介護保険制度の課題についてまとめよ。そのうえで、課題を解決するための方法についてあなたの考えを述べよ。」
    字数:400字詰原稿用紙3枚(最後の8行空白)
    総合評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     介護保険制度は、平成12年に施行され、その後見直しが行われ、改正を重ねてきた。この介護保険制度は、制度の定着を急ぐためにサービス量の確保が最優先であった。今後についても、高齢化が進むなかで医療と日常生活の橋渡し的な機能を果たす介護体制の整備や、それを担う介護人材の育成が必要である。しかし、厳しい財政事情のもとで今までと同じペースで給付費が増え続けることは喫緊の課題である。介護報酬の引き上げは、公費負担変更や特別な公費負担が行われない限り、保険料や利用者負担が引き上げられることにつながる。その結果、利用者の負担する額が増え、利用者のサービス利用を抑制する要因にもなりかねない。そうであるからして..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。