権利擁護と成年後見制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数325
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。
    科目「権利擁護と成年後見制度」
    設題「権利擁護事業の具体的概要をまとめよ。そのうえで、なぜ社会福祉士が理解する必要があるのか、あなたの考えを述べよ。」
    字数:400字詰原稿用紙3枚(最後の3行空白)
    総合評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     権利擁護事業のうち、社会福祉法において実施されている事業に、日常生活自立支援事業がある。また、民法においては成年後見制度がある。
     日常生活自立支援事業は、認知症、知的障がい、精神障がい等により判断能力が不十分な人に対して、福祉サービス利用援助や日常的な金銭管理、書類等の預かりなどの援助を行うことにより、地域での自立した生活を支援することを目的としている。具体的には、銀行などに行って、日常生活に必要なお金の出し入れを支援したり、医療費や公共料金、家賃などの支払い、口座引き落としの手続きを行う。また、預金通帳や印鑑など大切な書類等を預かり、銀行の貸金庫など安全な場所で保管する。
    利用対象者は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。