就労支援サービス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数641
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。
    科目「就労支援サービス」
    設題「就労移行支援と就労継続支援の違いについて具体的に説明しなさい。社会福祉士が就労支援で果たす役割について、あなたの考えを述べよ。」
    字数:400字詰原稿用紙3枚(最後の3行空白)
    総合評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     障害者福祉施策における就労支援サービスには、就労移行支援事業と就労継続支援事業のA型とB型がある。両者の違いについて述べる。
     就労移行支援事業は、個人の適性に応じた就労等が見込まれる身体・知的・精神の障害がある人のうち、65歳未満を対象としており、
    事業所は対象者に対し、一般就労への移行に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性に合った職場開拓、就労後の職場定着のための支援を最大2年間行う。一般的には、通所を原則とし、個別支援計画に基づく職場実習等のサービスを組み合わせて実施する。2年間の標準利用期間のほか、就労した場合、6ヶ月(特に必要な場合最大1年)の職場定着支援を行うこととなっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。