児童養護施設

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数619
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度社会福祉士通信課程にて作成したレポートです。

    科目「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」
    設題「児童養護施設の役割について、歴史的変遷をまとめよ。また、これからの児童養護施設で求められる援助者の資質について述べよ。」

    字数:400字詰原稿用紙3枚(最後の3行空白)
    総合評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     児童養護施設とは、児童福祉法に定められた児童福祉施設の1つである。保護者がいなかったり、虐待されているなど、家庭における養育が困難で保護を必要としている子どもを入所させて養育する。
    平成9年の同法改正により、養護施設から児童養護施設と改称され、単に養護するだけではなく、退所後の支援を行い、児童の自立を支援することが機能として付けくわえられた。
    平成16年の同法改正では、施設で生活する子どもたちの安定した生活環境等を確保するため、入所児童の年齢要件が見直されるとともに、施設退所者へのアフターケアが施設業務として位置付けられた。また、里親の定義規定が設けられるとともに、里親の監護権、教育権、懲戒..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。