日大通信 合格レポート 哲学 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数116
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信 哲学 分冊1 の合格レポートです。
    哲学のレポートは、何を書いていいの不明な方のヒントになれば幸いです。
    課題 ソクラテスの問答法をモデルとした教育理念について論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソクラテスの問答法をモデルとした教育理念について論じる前に、まず、ソクラテスの活躍した時代の背景について整理したいと思う。ソクラテスが活躍したのは、古代ギリシアにおいてである。古代ギリシアにおいてはポリスと呼ばれる都市国家が形成されていたが、長期にわたったペロポネソス戦争(紀元前431~前404)のあと、外部の人たちの流入が相次ぎ、都市国家としての安定性が短期間に失われた。その結果として、自分たちが今まで受け継いできた因習だけで、物事の良し悪しを判断することが困難になっていた。つまり、それまで、「教育はどのように行われるべきか」という改まった問いかけが必要なかった時代から、「様々な価値観からどんな価値を子孫に伝えていくべきなのか」という問いかけが必要になってきていたわけである。そのような時代的背景の中で、恐らく、ソクラテスは、「善きもの」「真なるもの」がドクサ(臆見・通念)に基づくものではないと気づいていた人物の一人であったと考えられる。その結果として、ソクラテスの教育理念の特徴としては、例えば、「善きものとは何か」「真なるものとは何か」という本質的な問いを通じて、相手に「無知の知」の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。