精神障害者の地域生活を支援する精神保健福祉士が配慮しなければならない専門性と生活支援システムの活用を論述せよ。(B評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数128
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成通信課程のレポート課題です。

    科目名「精神障害者の生活支援システム」

    学習のポイント
    ①精神障害者の概念、生活の実際、生活と人権、居住支援、就労支援、生活支援システムについて理解する
    ②その他の行政機関における相談援助


    <参考文献>
    ・新・精神保健福祉士養成講座 第7巻「精神障害者の生活支援システム」第2版、中央法規出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者の生活支援システム」
    精神保健福祉士は、地域生活支援システムを構築することによって、精神障害
    者の自立と社会参加を志向することができる。この地域生活支援システムを構築
    するためには、継続的な医療の提供、所得保障の充実、日中活動の場の保障、フ
    ォーマルおよびインフォーマルなサポートシステムの構築など、必要となる要素
    は多い。本稿では、精神保健福祉士が配慮しなければならない専門性と生活支援
    システムの活用について考えたい。
    精神障害者の地域生活支援システムとは、精神障害者が、一度きりの人生を、
    住み慣れた街、あるいは希望する街で、ごく当たり前に暮らすことの実現に向け
    て、継続的にフォーマル及びインフォーマルな社会資源を動員しながら協働する
    仕組みだと言える。その実現にあたっては、「精神障害者を生活主体者としてと
    らえること」「市民としての精神障害者の自立生活に着眼すること」「精神障害者
    を支援する社会的な体制を構築すること」の3点が必要不可欠である。
    精神障害者の自立と社会参加について、定藤丈弘は、「障害者の自立とは、人
    間的発達や自己実現あるいは生活の質の向上を目指すも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。