心神喪失者等医療観察法の制度を理解して、対象者の地域移行への支援について考察せよ。(A評価/1800字程度)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数65
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成通信課程のレポート課題です。

    科目名「精神保健福祉に関する制度とサービス」

    学習のポイント
    ①精神障害者の相談援助活動と法とのかかわりについて理解する。
    ②精神障害者の支援に関連する制度及び福祉サービスの知識と支援内容について理解する。
    ③精神障害者の支援において関わる施設、団体、関連機関など、更生保護制度と医療観察法、社会資源の調整・開発に関わる社会調査の概要と活用について基礎的な知識を理解する。

    <参考文献>
    ・新・精神保健福祉士養成講座 第6巻「精神保健福祉士に関する制度とサービス」第4版、中央法規出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉に関する制度とサービス」
    心神喪失者等医療観察法は、精神保健福祉士が熟知しておかなければならない
    制度の一つである。本稿では、心神喪失者等医療観察法の制度を踏まえた上で、
    対象者の地域移行への支援について考える。
    2003 年 7 月、心身喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察
    等に関する法律(医療観察法)が制定され、2005 年 7 月から施行された。同法
    の目的は、①心神喪失等の状態で重大な他害行為(殺人、放火、強盗、強姦、強
    制わいせつ、傷害(軽微なものを除く)を行った者に対し、適切な処遇を決定し、
    継続的にかつ適切な医療ならびにその確保のために必要な観察及び指導を行う
    こと、②病状の改善及びこれに伴う同様の行為の再発の防止を図り、社会復帰を
    促進することにある。
    医療観察法において、保護観察所に配置された精神保健福祉の分野の専門家で
    ある社会復帰調整官は、対象者の生活環境の調査・調整、精神保健観察の実施、
    医療機関や行政機関との連携や調整を担う、法務省所属の公務員である(医療観
    察法第 19 条・第 20 条)。社会復帰調整官に任命される専門職..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。