地域移行支援体制を構築する上で、精神保健福祉士の役割について述べよ。(B評価/1800字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数67
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成通信課程のレポート課題です。

    科目名「精神保健福祉の理論と相談援助の展開」

    学習のポイント
    ①地域移行の対象および支援体制
    ②地域を基盤にした相談援助の主体と対象
    ③地域を基盤にしたリハビリテーションの基本的な考え方
    ④精神障害者のケアマネジメント

    <参考文献>
    ・新・精神保健福祉士養成講座 第4・5巻「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ・Ⅱ」第2版、中央法規出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉の理論と相談援助の展開」
    戦後年々増加を続けてきた精神科入院患者数は、1991 年の 34 万人をピークに
    ようやく減少に転じた。「入院医療中心から地域生活中心へ」という国の精神保
    健福祉施策の転換により、度重なる法改正を経て、徐々に地域での支援資源が拡
    充してきた。しかし、精神病床が大幅に減ることはなく、精神科病院には社会的
    入院者があふれている状況が続いている。2003 年度から「精神障害者退院促進支
    援事業」が実施された。これは「病状が安定しており、受入条件が整えば退院可能な
    者」に対し精神保健福祉士などの支援者が、病院や地域の活動場面において、本人に
    寄り添い、退院に向けて様々な取り組みを支援する事業である。さらに 2010 年度から
    は地域移行に加えて地域定着支援体制も強化され、より精神保健福祉士などの支援者
    の役割が拡充されている。本稿では、地域移行支援体制を構築する上での精神保
    健福祉士の役割について考えたい。
    社会的入院者とは、病状として退院が可能な状態であるにも関わらず、受入条
    件が整わないなどの社会的な理由により、入院継続を余儀なくされている患者の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。