双極性障害(躁鬱病)の症状や病院などの特徴を述べ、双極性障害の治療法について抑うつ障害群の治療法との相違点に着目し述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数66
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成通信課程のレポート課題です。

    科目名「精神疾患とその治療」

    学習のポイント
    代表的な精神疾患について、成因、症状、診断法、治療法、経過、本人や家族への支援の観点、精神科病院での専門治療の内容及び特性について理解する

    <参考文献>
    ・新・精神保健福祉士養成講座 第1巻「精神疾患とその治療」第2版、中央法規出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神疾患とその治療Ⅱ」
    双極性障害は、気分が高揚したり、落ち込んだり、躁状態と鬱状態を繰り返す
    脳の病気である。激しい躁状態とうつ状態のある双極Ⅰ型と、軽い躁状態(軽躁
    状態)とうつ状態のある双極Ⅱ型に分けられる。
    双極性障害は百人に一人前後がかかるという調査結果があるが、まだ研究途上
    にあり、はっきりしたことは分かっていない。かかりやすさに男女差はなく、二
    十代の発症が多いが、中学生から老年期まで幅広い年齢で発症する。
    発病には、遺伝素因の関与が大きく、セロトニン、ノルアドレナリンなどの神
    経伝達物質の代謝が関係していると考えられている。また、病前性格も関与し、
    精神的ストレスや身体的ストレス、あるいは社会的要因(社会風潮、秩序など)
    が強く関与して生じる。このように、病因は生物学的、心理学的、社会学的な様々
    なレベルにわたる。
    双極性障害の症状は、躁状態の特徴として、感情の障害、意欲・行動の障害、
    思考の障害、身体の症状が見られる。感情の障害としては、昂揚気分と爽快気分
    が生じる。軽い躁状態がたいてい一週間以上持続し、気分の高揚にとどまらず情
    動が不安定で易刺激的で攻撃的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。