ケアマネジメントのモデルをそれぞれ理解した上で、精神保健福祉士の役割について述べよ。(A評価/1800字程度)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数50
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成通信課程のレポート課題です。

    科目名「精神保健福祉の理論と相談援助の展開」

    学習のポイント
    ①精神障害者の支援モデルについて理解する。
    ②相談援助の過程及び対象者との援助関係
    ③相談援助活動のための面接技術
    ④相談援助活動の展開

    <参考文献>
    ・新・精神保健福祉士養成講座 第4・5巻「精神保健福祉士の理論と相談援助の展開Ⅰ・Ⅱ」第2版、中央法規出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ」
    精神障害者のケアマネジメントは、対象者の日常生活や社会生活上の複合的な
    ニーズを充足させるため、精神障害者の特徴に配慮した上で、適切な社会資源を
    結びつける援助方法である。ケアマネジメントには、①ACT、②ストレングスモ
    デル、③仲介型モデル、④臨床モデル、⑤リハビリテーションモデル、⑥集中型
    モデルなど、様々なモデルがある。以下、各モデルについて述べる。
    ① ACT(Assertive Community Treatment)とは、包括型地域生活支援と訳
    され、比較的重度の精神障害者を対象に、訪問活動を主力とする 24 時間の医療・
    福祉サービスで、不必要な入院の防止と地域リハビリテーションを目指すもので
    ある。我が国でも 2002 年度以降、各地でモデル的に導入され、日本式の包括支
    援プログラムの開発と標準となる ACT の基準尺度の作成やネットワークが図ら
    れている。②ストレングスモデルは、利用者が本来持っている能力や環境側の潜
    在的能力にも着目し、それを引き出したり、活用したり、セルフケア能力を高め
    ることを重点に置いている。③仲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。