社会福祉士養成通信課程レポート; 母子世帯/生活保護世帯の就労支援の在り方について解説せよ。(A評価/1262字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数727
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程レポート課題です。

    科目名「就労支援サービス」

    学習のポイント
    ①相談援助活動において必要となる各種の就労支援制度について理解する。
    ②就労支援に係る組織、団体、及び専門職について理解する。
    ③就労支援分野との連携について理解する。

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第18巻 就労支援サービス』中央法規、2013年

    ※全文そのまま使用するのはおやめ下さい。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     近年、雇用形態の多様化が進み、非正規雇用労働者が急増したことにより、働いても生活保護基準以下の賃金しか得られないワーキングプアの存在が社会問題として取り上げられている。本稿では、母子世帯の就労支援のあり方について考える。
     平成23年度全国母子世帯調査によれば、多くの母子世帯はワーキングプアもしくは貧困な状況に陥っている実態がある。それは、パート・アルバイト、契約・派遣社員などの低賃金の非正規社員として働かざるを得ない母子世帯特有の状況があるからである。年齢制限や小さい子供がいて、保育園や学童保育の送迎のために早く帰宅しなくてはならない等の理由から雇用に結びつかなかったり、就職ができても時間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。