社会福祉士通信課程レポート;スーパービジョンの意義、目的、留意点、方法について述べなさい。(A評価/1534字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数951
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程レポート課題です。

    科目名「相談援助の理論と方法④」

    学習のポイント
    ①相談援助における事例分析の意義や方法について理解する。
    ②相談援助の実際(権利擁護活動を含む)について理解する。


    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第7巻 相談援助の理論と方法Ⅰ』中央法規、2010年
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第8巻 相談援助の理論と方法Ⅱ』中央法規、2010年

    ※全文そのまま使用するのはおやめ下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     スーパービジョンとは、「ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する過程である」と定義される。
     スーパービジョンには、①支持的機能、②教育的機能、③管理的機能、の三つの機能がある。①支持的機能とは、ワーカーが良い心身状態で仕事を続けていくために、過度なストレスによる心身症状が重症になる前に防ぐ必要がある。ワーカーは、スーパーバイザーに受容され、共感されることによって安心を得、自分自身と向き合うことができる。ワーカーの自己実現を支え、バーンアウトを防ぎ、ワーカーの自己覚知を促す等ワーカーを支える機能のことを指す。
    ②教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。