社会福祉士通信課程レポート課題A評価/1346字、科目名『相談援助演習④』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,585
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程レポート課題です。

    科目名「相談援助演習④」

    レポート題目は、
    「あなた自身が地域住民として「地域社会に参加している(あるいはしていない)」と感じるときはどんな時か。また、今後、地域住民としてどのように地域社会と関わっていきたいと考えているか述べなさい。」

    ☆学習のポイント☆
    面接授業では、地域福祉の基盤整備と開発に係る事例を活用し、次の事項についても学習する。
    ①地域住民に対するアウトリーチとニーズの把握
    ②地域福祉計画
    ③ネットワーキング
    ④社会資源の活用・調整・開発
    ⑤サービス評価

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第6巻 相談援助の基盤と専門職』中央法規、2010年
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座  第7巻 相談援助の理論と方法Ⅰ』中央法規、2010年
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座  第8巻 相談援助の理論と方法Ⅱ』中央法規、2010年

    ※全文そのまま使用するのはおやめ下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年、防犯・防災や環境対策など地域における課題が増大、多様化する中で、より安全に安心して生活できる町づくりに向けた地域福祉活動など、地域コミュニティの活動の重要性が再認識されている。一方、社会構造の変化や価値観の多様化から、地域コミュニティ参加世帯の減少や、役員等の高齢化、担い手不足等様々な課題が出てきている。私自身、地域住民として地域社会に参加したり、貢献している活動はほとんど見当たらないのが実状である。
    地域ケアシステムの重視される機能は、ニーズの早期発見機能である。しかし、地域ニーズは潜在化しやすく、その潜在化要因を総合的に対応する取り組みが地域ケアシステムには求められる。地域ニーズの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。