社会福祉士養成通信課程レポート課題。更生保護における近年の動向と課題について述べよ(A判定/約1500字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,584
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程レポート課題です。

    科目名「更生保護制度」

    学習のポイント
    ①相談援助活動において必要となる更生保護制度について理解する。
    ②刑事司法、少年司法分野の他機関等の連携の在り方について理解を深める。

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第20巻 更生保護制度』中央法規、2014年

    ※全文そのまま使用するのはおやめ下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     更生保護は、犯罪をした者及び非行のある少年に対し、社会の中で適切に働きかけることにより、その再犯を防ぎ、非行をなくし、彼らが自立し立ち直ることを助けることで、社会を保護し、個人と公共の福祉を増進することを目的とする。その内容は、仮釈放等、保護観察、生活環境の調整、更生緊急保護、犯罪被害者等にかかわる制度、恩赦、犯罪予防と多岐に渡る。
     更生保護の歴史的展開として、戦後の新憲法の制定に伴い、1949年の犯罪者予防更生法、翌年の更生緊急保護法、保護司法、1954年の執行猶予者保護観察法等の法整備が図られ、1952年には保護観察所など更生保護行政に関する各機関が設置された。その後の制度改革としては..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。