「国民負担率」について説明し、我が国における社会保障の財源と費用について述べよ(A判定/1300字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数368
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程の課題です。
    レポート評価A評価になります(A~Dの4段階中)。

    科目名「社会保障①」

    <ポイント>
    ①社会保障の概念や対象及び理念について、発達過程を含めて理解を深める
    ②現代社会における社会保障制度の課題

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第12巻 社会保障』中央法規、2014年

    ※全文そのまま使用するのはご遠慮くださいますよう
    お願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会保障の費用を賄う社会保障給付費は、少子高齢化の進行、社会保障制度の充実等を背景に増加する傾向にあり、財源確保が大きな課題となっている。本稿では、我が国における社会保障の財源と費用について考えたい。
    我が国では、税や社会保障の負担の水準について、「国民負担率」を用いて議論されることがある。「国民負担率」とは、一般的に国民所得に対する国民全体の租税負担と社会保障負担の合計額の比率をいう。国民の公的負担の程度を示すおおよその指標として使われる。先進国では近年、国民負担率が低下する傾向にあるが、日本では2003年以降、増税と景気回復を反映した増収により上昇している。
     我が国における社会保障の費..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。