国際ソーシャルワーカー連盟の「ソーシャルワークの定義」を参考にソーシャルワークは何か、解説しなさい(A判定/1400字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数736
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程の課題です。
    レポート評価A評価になります(A~Dの4段階中)。

    科目名「相談援助の基盤と専門職①」1400字

    <参考文献>
    ・社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座 第6巻 相談援助の基盤と専門職』中央法規、2010年

    ※全文をそのまま使用するのはおやめ下さい。

    ポイント☆
    ①社会福祉士の役割(総合的かつ包括的な援助及び地域福祉の基盤整備と開発を含む)と意義について
    ②相談援助の概念と範囲について理解する
    ③相談援助の理念について理解する

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークとは、支援の対象者が抱える生活上の課題を把握し、その課題について問題解決や課題の軽減を図ることである。ここでいう支援の対象者とは、一人一人の“個人”だけに限らず、家族や対象者が所属する関係機関、またその人が住む地域やコミュニティ等も含む。したがって、ソーシャルワークは個人に対する直接的な相談援助のみならず、個人及びその人を取り巻く環境、さらには社会全体に対して働きかける等、人々の生活にとっての変革をもたらす仲介者の役割を担っている。相談援助以外の活動を含む多様で幅広い活動のことを指す。 
    本稿では、ソーシャルワーカーの国際組織である「国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW:In..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。