国語科指導法 1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数498
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川通信 レポートA判定
    参考程度にお使い下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目コード08802「国語科指導法」第1分冊
     教材研究と学習指導案の作成  
     第5学年教材「大造じいさんとガン」の教材研究
    作家について
     作家は椋 鳩十。1905年に生まれ、出身は長野県下伊那郡喬木村である。
    作品のジャンル 童話 
    表現・表記の特徴
     読者を物語の世界に引き込むための様々な作者の工夫がみられる。大造じいさんの人物像を想像させるために「感嘆の声をもらす、今さらのように、ひとあわふかせてやるぞ、救わねばならぬ仲間」等のように文語的表現や漢語を多用している。また、「子どものように声を上げて、白い花弁のように、雪のように清らかに」等、比喩表現が使われている。エ.作品の場面構成(構成の効果)
    1の場面 成功
     秋、残雪が仲間を率いてやってきた。大造じいさんは、「ウナギつりばり作戦」を考えて成功。
    2の場面 失敗・感嘆
     翌日、大造じいさんは「たくさんのつりばり作戦」を考えるも失敗。残雪の頭の良さに感嘆する。
    翌年の秋、大造じいさんは、「タニシばらまき作戦」を考えたが、失敗。
    3の場面 失敗・心を打たれる
    また翌年の秋、大造じいさんは、「おとり作戦」を考えたが、失敗。ハヤブ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。