S0834 肢体不自由児の心理・生理・病理 第一設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数94
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料として提供しています。丸写しはぜったいにしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 脳性麻痺の定義・原因・症状・かかわり方を述べよ。
    *脳性麻痺の定義
     国際障害者リハビリテーション協会(International Society for Rehabilitation of the Disabled)の脳性まひ委員会(Jackson.D.,1966)は、脳性まひを「脳の成長、発達が完成する以前に脳に招来した損傷による、永続的な、しかし変化することもあり得る姿勢および運動の異常であって、そのほかの多くの障害が合併することがあり得る」と定義している。1968年の厚生省脳性まひ研究班による脳性まひの定義は、「受胎から新生児(生後4週間以内)までに生じた、脳の非進行性病変にもとづく永続的な、しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発現する。進行性疾患や一過性運動障害、または将来正常化するであろうと思われる運動発達遅延は除外する」と記述されている。運動姿勢だけではなく、言語、知覚、感覚等の随伴障害をきたすことが多い。
    *脳性麻痺の原因
     胎児期:母体の妊娠中毒症や糖尿病、妊娠中の母体の感染(風疹、ウイルス、トキソプラズマ、梅毒など)、胎内期無..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。