S0837 知的障害教育Ⅱ 第一設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数90
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料として提供しています。丸写しはぜったいにしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 知的障害児の就労を目的とした指導内容はいかにあるべきか、自立活動の6領域26項目を活用しながら具体的に述べよ。
    学校教育法第72条では、「視覚障害者・聴覚障害者・知的障害者・肢体不自由又は病弱者(身体虚弱者を含む。以下同じ。)に対して、特別支援学校は、小学校、中学校または高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を授けることを目的とする」と示されている。また、平成15(2003)年に報告された「今後の特別支援教育の在り方について」(文部科学省特別支援教育の在り方に関する調査研究協力者会議)においては、特別支援教育における基本的視点として、障害のある児童生徒にとって自立や社会参加は重要な目的であり、可能な限り自らの意思及び力で社会や地域の中で生活していくために、教育、福祉、医療等様々な側面から適切な支援を行うこと、自立や社会参加のための基本的な力を培うために障害の状態に応じ教科指導や自立活動の指導を行うこと、さらに障害のある児童生徒の主体的な取り組みの支援を行うことを強調している。(テキストP.5)平成18年に改正..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。