Z1118 教育相談の研究 第一設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数91
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料として提供しています。丸写しはぜったいにしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     このレポートでは、学校でおこなわれている教育相談(学校カウンセリング)と、教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等 との関連について論述する。
     1995年にスタートした、「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」は、学校カウンセリングという新しい世界を切り開き、また発展させるきっかけとなった。
    学校でのカウンセリングのあり方、誰がおこなうのか、おこなう場所、内容など、あらたな取り組みとして、学校の現場に浸透していっている。学校で教師に求められるカウンセリング力の枠が新しい境地をむかえて、教師自身がいかにカウンセリングを理解し意識しながら、子どもたちとかかわるべきなのかをあらためて考える契機であったといえる。
    教師が、ある時はクラスの担任として、クラスを運営し、さまざまな指導を行い、統制し、管理しつつ、成績の評価をつける。その一方で、カウンセラーとして、子どもたちのさまざまな悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して、問題の解決をはかるということを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。