Z1104 教育社会学 第一設題 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数66
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料として提供しています。丸写しはぜったいにしないでください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題  学歴社会とは何かを明らかにし高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     学歴社会とは、社会的地位、収入、または対象の人物に対する評価が、学歴によって決められる社会のことである。 社会的地位・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であり、そして基準としての学歴が重きを占める社会である。学歴社会は、ただ単に教育を重視する社会であるということではなく、高学歴社会の意味するところとはまったく異なるのである。学歴社会の成立過程は、身分制度が決まっていた封建社会にはまだ学歴社会という概念は存在しておらず、社会的身分や経済的地位、門地などによって評価される身分社会であった。このような身分階級に縛られた形で人の教育・職業が決定されるシステムは、明治維新期のような大改革の時期には適さない。なぜなら、明治初期の「富国強兵」に代表される欧米へのキャッチアップを意図した国家目標の達成のためには、幅広い分野で相当数のリーダーが必要とされるからであり、しかも、リーダーに求められる知識・技術の水準は絶えず向上していく。(テキストP.38 7行目) 明治政..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。