看護過程 心筋梗塞

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数472
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心筋梗塞 看護過程
    ゴードン11の機能的健康パターン
    看護問題
    看護計画
    情報の整理
    情報の解釈
    ①入院知覚/健康管理
    <入院前>
    S)40歳代前半から会社の健康診断で脂質異常を指摘されているが放置していた。
    S)部下の面倒見がよくワイワイ飲んだり食べたりするのが好きである。
    S)運動習慣はなくあまり歩かない。
    S)机上での仕事が多く、休日は家でごろごろして過ごす。
    S)昼夕は外食が多く、つい揚げ物や塩辛いものを選ぶ。
    O)喫煙歴
    20歳~入院まで 平均10~20本/日
    O)飲酒
    ビール500ml/日
    会社関係の付き合いでビール1000~2000ml  1回程度/2か月
    <入院後>
    S)入院した時は死ぬかと思いました。まさかこんなことになるなんて思いもしませんでした。会社の健康診断を甘く見ていた。病気になって初めて恐ろしさが分かった。タバコもやめないとね。
    S)病因の食事は味が薄い。薬だと思って食べている。毎日こういう食事をしていると体に良いね。
     数年前から脂質異常を指摘されていたが放置していた。食生活は外食が多く、脂肪分、塩分の多いものを摂取し、運動習慣もない。A氏は生活習慣病を増..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。